火星から見た地球と月の写真をNASAが公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 11:26

火星から見た地球と月の写真をNASAが公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 

 ててーててーてて〜〜〜♪

 

 

 ……と、「宇宙兄弟」のBGMを口ずさみながら画像を眺めてみたりしました。

 あーー……いいなあ。宇宙。

 

 どれも神秘的で魅力的だけれど、私は、地球の雲(大気)の向こうに月が沈んでいくところの写真が好きです。

 あと月の裏側の写真とかね。月が地球のこっち側にいて。

 

 あーいい時代に生まれて来たなあ。

 でももっと未来に生まれていたら、もっとすごい写真が見られたのかな。

 

 

 未来を見ればキリがない、てか。

 

 

『聡明鬼 87 訣別』配信中

 

JUGEM IT! from 【動画】セイウチは鳥で遊ぶ、初の報告 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

  • 2017.01.08 Sunday
  • 11:44

【動画】セイウチは鳥で遊ぶ、初の報告 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 

 

 この記事、ほっこり笑えた。


>海鳥の死骸を口にくわえた1頭のセイウチが、ほかのセイウチたちに囲まれてもみくちゃにされていた。もまれていたセイウチが死骸を放すと別のセイウチがすぐさまそれを奪い、円の中心に入る。


 この遊びのルール、やはり“誰か”が決めたんかねえ。
 皆で協議し合って作ったんだろうか。
 遊び名「鳥鬼」? でも鳥銜えた奴が「もみくちゃ」にされるわけだから、鳥を口から離したら負け的な感じだよなあ。
 じゃあ「鳥取り」?


「あーっちきしょやられたー」
「やりー次オレね」
「よーし取ってやるぜー」
「(指を一本上に高く差し上げ)1ラウンドじゃねえ。1分だ。1分で鳥を取ってやる」
「おおー」
「力石かよー」


 みたいな会話がセイウチ達の間で交わされてたりするのかな。
 おんもしれ〜!

 こういう話見ると、鼬が精霊王になったり龍馬同士がケンカしたりする話書くモチベーションになるんだよね!
 うひひ。


 

 

『聡明鬼 86 宣告』配信中

JUGEM IT! from 万里の長城、当局の修復で真っ平らに「爆破した方がまし」との声も (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

  • 2016.09.24 Saturday
  • 22:23

万里の長城、当局の修復で真っ平らに「爆破した方がまし」との声も (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

 

 

「爆破した方がましだ」なるコメントは、“かの国”らしい気質かな、……っと。

 

 

 そういえば、世を忍ぶ仮の職場に新人の“かの国”出身の女性がいるのですが、誰かが彼女に

「日本、好きですか?」

と(これまた勇気ある)質問をしたところ、彼女いわく

 

 

「これまでは。」

 

 

「『これまでは』!?」

 周りにいる全員が声を揃えて問い返したことは言うまでもありません。

 

 私などはその会話が行われた場所から2、3メートル離れたところにいたのですが思わず

 

 

「何、政治の話?」

 

 

と叫んでしまいました。不穏だね。うん。

 

 

 結局「これまで」発言の真意は、仕事のせいで流され聞けませなんだパーローでした。

 まあ、顔を合わせればニコッと笑ってくれるから、だから、…………いいのかな。っと。

 

 

 

続きを読む >>

JUGEM IT! from 「定時退社イクメン」放逐で意識高い系集団は大損失 | 職場のハラスメントどう防ぐ? | 井寄奈美 | 毎日新聞「経済プレミア」

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 00:05

「定時退社イクメン」放逐で意識高い系集団は大損失 | 職場のハラスメントどう防ぐ? | 井寄奈美 | 毎日新聞「経済プレミア」

 

 


この手のハラスメントというか嫌がらせ(同じ意味でございましたか)、果たして一体無くなるものなのだろうかと、私は憂えるものなのです。

 

本当に、絶えない。
ぶっちゃけた話、ほんのすぐ傍で、私も見ていました。こういった、ハラスメントの現場を。

この記事に出てきたイクメンの人こそ、失えば職場の大損失となる宝の人材でしたが、そこまででもなく、ごく一般の、言葉は悪いけど「コマ」の一人に過ぎない立ち位置の従業員で、これも言葉は悪いが「アグレッシブなパーソナリティ」の持ち主がいたりすると、もう周り全員がたちまちがっちりスクラム組んで排除しにかかるよね。


昔むかし、バイトしていた居酒屋さんの、ヤリイカ専用の大きな生簀の中に、一匹だけ甲イカが入れられたことがあったのね。
そしたら圧倒的多数のヤリイカたちが突然その甲イカの周りを全員で、猛スピードでぐるぐるぐるぐる周回し始めて、甲イカを入れた板さんも吃驚して「なんでこいつら回るん?」とバイトの私に焦りの表情で訊いてきたことがありました。
私は当然ながら「さあ」と首を捻るばかりでしたが、しかし普通に想像すればその現象は「さもありなん」な事っすよね。

 

異種族排除。

 

生物の本能的な攻撃行為だったのでしょう。

その甲イカは、ぐるぐる周囲を回られている間ぴくりとも動かず反撃の様子も見せなかったのですが、その後、呆気なく他界しました。


ここで、ヤリイカども怪しからん! 滅亡すべし! という発想にはならないと思います(信じます)が、なにしろこのヤリイカどもと同様なる行為に、件のハラスメント行為者たちは及んだのだという想いを払拭しきれません。

 

アグレッシブなパーソナリティの人――アグ子(仮名)は、確かにいってみれば浮いた存在、馴染みにくい性質、新人の癖に態度がでかい、生意気、教える気が失せる、好きにやらせて痛い目見ればいい――そんな、ド黒い思念スパイラルを呼び起こしそうな、扱いにくい塊であったかも知れません。 ←これもかなり酷い表現ですが

 

がしかし、この記事にあるように、リーダー。マネージャー。長のつく人。まとめ役。親方。上役。

そういう立ち位置の人までが、アグ子に対して「扱いにくいお前が悪い」と指差すなど、もってのほかだと断言致します。

そんな人間に、管理だ指導だ研修だなど、任せるべきではない。

かつて友人が「バカに権力持たせるとロクな事にならねえな」とぶちまけた事がありますが、まさにこの事です。

自覚を持たぬ人間が上司風吹かせる企業、私は信用も信頼も貢献もしません。

 

 

だってそこ、潰れるからね。

 

 

今日は黒いことイカスミの如しで相すみませんでした。

先般宣言いたしました短編SFですが、冒頭の文と、ラストの会話だけ、書けました。

 

おーい、中身ーー。

 

ま、ちらほらと「遺伝ファクタ」拾ってゆきつつございますので、どうぞご期待いただきますよう御願い奉りまする。

 

 

 

JUGEM IT! from 2歳の子供が昔買っていたペットだったと話だした : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

  • 2016.08.28 Sunday
  • 18:38

2歳の子供が昔買っていたペットだったと話だした : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

このトピックが、興味引きました。

トピック主のハンドルネームに笑ったりね。こっそりツッコミ入れてからに。わが子に

 

いろいろな視点からのレスがついているのですが、中にはほろっとくるものもあり。

でね、その数々のレスの中に、

「お母さんが見てた光景を受け継いでいるのではないか」

というものが、あったんですよ。

これを読んだ時、おおおお!! なんと斬新な発想であることか! と、レスの方に感銘を受けた次第なのでありんした。

 

そうそう、今まさにちょうど「遺伝」てものを読み漁りかじり虫なので、

「母の、ペットに対する記憶や想いを、遺伝情報として貰い受けたりとかしたのか!」

なんてな風に、こねくり回したりしてね。

 

ちなみに私も我が娘に「お腹の中にいた時のこと覚えてる?」と訊ねたこと、ありました。

娘は「うん」と頷き、何してたの? と問うと「(片足をぎゅーと伸ばして)ぐーーてしてた」と。

 

そんな娘ですが、生まれて二日目、私が初めてオムツを交換した時の事。

お腹いっぱいになってくーすか眠っている所、不慣れな手つきでしどもどへどもどしてやっとオムツ交換を終えたと思いふと見たら、眠っていた娘はすっかり覚醒しており、眉を寄せて足元に佇む私をじっと睨み下ろしていました。

 

私は思わず焦り、

「そ、そんな目で見ないで。私は母よ」

と、へどもど言い訳をした事を今も鮮明に覚えています。

 

そう、私には、胎内の記憶や前世の記憶について確たる思想や思念があるわけではないのですが、唯一つ、確信を持って言えるのは

 

 

赤ん坊は生まれてすぐでも敵をロックオン出来る

 

 

という真実でございます。 ミサイル発射されないで良かったなあ。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

まぐまぐ!『葵マガジン』登録・解除

メルマガ購読・解除
 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

selected entries

categories

archives

recommend

魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫
魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫 (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
ある日ポピーと彼女のライバル(?)である鬼魔(キーマ)のユエホワの前に、とつぜん白い光とともに一人のお姫さまが現れた。その人の名は、サルシャ姫──泡粒界という世界の王女だったのだ。サルシャ姫のいた世界は今、侵略者に乗っ取られ、大地も海も人々も瀕死の状態にあった。もしこのまま泡粒界がなくなったら、とんでもないことになる──ポピーは、泡粒界を救うべく立ち上がる決意をした。

recommend

recommend

カエルとだるまさんがころんだ
カエルとだるまさんがころんだ (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
「私」はその朝巨大なカエルに遭遇し、路上は命を賭した「だるまさんがころんだ」の戦場と化した──表題作ほか「さくらマーケット」「センチメンタル付属物」収録。女性主人公の、少しだけ不思議な日常世界を描いた短編集。

recommend

recommend

喰らえ、取り敢えず
喰らえ、取り敢えず (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
生態観察のため連れ去られた地球人たちに与えられた「食べ物」は、機能性重視の味気ないものだった。彼らは立ち上がった。「まっとうな」食物を求めて――やがてその欲求は、惑星の運命を文字通り、大きく揺さぶった――

recommend

Dying for Diet
Dying for Diet (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM