米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

  • 2019.08.10 Saturday
  • 00:02

JUGEMテーマ:邦楽の新曲

 

 米津玄師さんの声って、チョコレートと同じで、中毒性があると思う。

 毎日聴きたいし、いつまでも聴いていたい。

 今日も明日も聴きますよ。明後日も明々後日も。

 

葵 むらさきの著書

 

にほんブログ村 小説ブログへ 

 

評価:
(2019-05-18)
コメント:ショア惑星王国の王室に、一人の姫が誕生した。その瞬間、王室内に暗雲が立ち込めた。何故なら生まれた赤ん坊の髪が、紫の色をしていたからだ。呪われた遺伝子を持つ者として赤子の父親であるハルに死罪が言い渡される。ハルを運ぶ航宙船の前に、宇宙海賊の船が立ちはだかる。長編スペースオペラ、第一話。

米津玄師 MV「海の幽霊」

  • 2019.05.29 Wednesday
  • 06:58

JUGEMテーマ:邦楽の新曲

 

 ああ、劇場で聴く音楽として創られた曲だなあ……と思った。

 聴きたいですよね〜この声!

 絶対泣くんだろなあ!

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

評価:
(2019-04-29)
コメント:心は生れた時に目覚め力は成長とともに増幅し技は修業によって磨かれる──このディメンションに生れた者は、ただ闘いを覚える為育って行く。そこで出会った少女シャナと少年サイ。二人に待ち受ける運命とは──

この声だけで、皆は泣くのに違いないと

  • 2019.05.12 Sunday
  • 01:15

 

 

 ああ……声。

 本当、声が、その迫力が、段違いに変わったよなあなんていうと、知ったか振りのにわかファンになったようで自己嫌悪すら覚えるのだけれども。

 全国ツアーとかで声帯鍛えられたのかなとか、作品の世界観を存分に余す所なく表現したものかなとか、いや、何をどう表現してもありきたりで陳腐な言葉にしか聞こえそうになくて歯痒いことこの上ないのだけれども。

 

 いやあ。

 米津さんの最大の武器というのは、やっぱり、持ってお生まれになったこの声、だと私は思うのですよ。

 米津さんご自身は、例えば菅田将暉さんの声なんかをリスペクトしまくってらっしゃるけれども、そう仰る米津さんの声そのものが、どれだけ数多の人びとの耳を喜ばせていることだろうかと。深く甘く切なく。

 

 ハチの頃には戻れない、とラヂオでお語りになっていらした米津さんだけれども、もちろんその通りだけれども、あの頃からずうっと、米津さんは米津さんのままで、皆変わらず愛してきつづけてることと思うのよ。

 戻る必要などはないし、この次にお作りになる曲はさらにハチ時代から一歩先へ進んだものになることは間違いないのだろうけれども、皆、ずっとこれからも米津さんを好きでいつづけるだろうと。

 

 なんでかわからないけれど、他の方々の楽曲あれこれ色々たくさん聴いたあとで、ふと不意に(Youtubeの広告とかでね)米津さんのFlamingoが聞こえてくるとぶわーと涙が溢れてくるのですよ。

 というわけで、米津さんがこれほどまでに全世界を魅了する存在になった現在でも、毎日のように↓の曲をつい聞いてしまう私なのでありまつ。

 このMVがね、好きなのよ。観てて気持ち好い。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

平成最後と令和最初に聴いたアニソン

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 00:21

 平成最後に聴いた曲は、これでした。

 

 

 

 そして、令和の最初に聴いた曲は、これでした。

 

 

 

 ほほほ。

 さて元号替わったときってなんといえば良いんでしたか。

 明けまして令和。メリー。

 

 私自身はのそのそと、例によってAmazon Kindle移行分小説の校正してましたですよ。地道に。

 んでこの元号交替時に一体何の小説を移行したのかというと、えーとAmazonさんが現在一生懸命出版準備してくださってらっしゃりますので明日までお待ちを。あっモウ今日か! モウ令和だぞちみ!

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

評価:
---
---
---
(2019-04-18)
コメント:麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

まらしぃさんを聴く夜

  • 2019.04.27 Saturday
  • 22:54

 

 

 例えば三次元世界で何か気落ちするようなこと、HP大幅損失くらうようなこと、思い通りにいかないこと、そんなこんなでとにかく疲れた日には、この方、まらしぃさんのピアノ聴くとね、なんかすご〜く、癒されるのですよ。

 

 ああ……ピアノいいなあ。

 

 安心して眠りに就こう、そして明日もまた、しょうもない三次元で闘うのだ。

 おやすみっす。

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

評価:
---
---
---
(2019-04-23)
コメント:サイボーグ・クルー達を乗せた船は、その惑星に辿り着いた。惑星の住民たちは彼らの到着を、その「匂い」によって知った。少年リムは新たな世界への旅立ちを信じ、愛する少女ネヴィと共に船を捜しに出かけた。やがてサイボーグ・クルー達にも「匂い」は届き、そして彼らは1人、また1人と、消息を絶って行った――

ストレイテナー - スパイラル

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 22:37

 

 

 今日はストレイテナーを聴く。

 TVではガイアの夜明けでユニクロやってる。ユニクロってる。

 ユニクロつったら私ら世代はどしてもどーしても「500円(下手したら300円)の服」たる印象ばかりが幻想のごとくつきまとい続けるのでありますよ。

 私なんぞは「昔隣町にあった洋服屋」という……あれは昭和の時代でしたなフフ……

 

 今となっては。令和。嗚呼一発変換不可。

 

 

ヒトリエ 『ポラリス』 / HITORIE – Polaris

  • 2019.04.08 Monday
  • 15:53

 

 

 今日は一日、ヒトリエ聴きます。

 メンバーの方たちの、リーダーに送る言葉が、胸にぐっと来る。

 

https://www.sonymusic.co.jp/artist/hitorie/info/505751 …

UVERworld 『一滴の影響 -ダブル・ライフ-』

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 10:52

 これ何回聴いても泣けちゃうなあ……

 

オメでたい頭でなにより - 「あられ雛DANCE!!」

  • 2019.03.03 Sunday
  • 20:46

 うん、やっぱ雛祭りはこれだよね!

 

 

 

 でもわたくし個人的にはやっぱこの方たちの「さくらんぼ(大塚愛)」のカバーがもう、好きでたまらんす。

 何回聴いても飽きないわ。うむ。

 

 

 

 なにはともあれ、Merry 雛祭り!

 

 

「魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女 9」配信中!

米津玄師 「Flamingo」

  • 2018.10.20 Saturday
  • 22:38

 

 

 わーーーい♪

 楽しいわーー。

 こぶし効かせてくるとはなあ!

 ボーカルが好きなだけ酩酊して、ベース音が冷静に引っ張っていく感じが、コメディ映画っぽくて面白いにゃ。

 

 米津さんのMVの好きなポイント(の一つ)は、米津さんの着てる衣装てかぶっちゃけ服なんすよね。

 観てるとそんな感じの服着たくなる。

 

 赤か。

 よし、赤着よう。

 むひひひ。

 

 酒、はい、むぉちろん聴く側も酩酊してますもんね。

 むぅゐヒヒヒヒ。もかいきこ。

 

 

「73 スゲー・ヤバイ等は使用せず色・形・大きさ等の物理量で報告しましょう」配信中!

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

まぐまぐ!『葵マガジン』登録・解除

メルマガ購読・解除
 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

selected entries

categories

archives

recommend

魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫
魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫 (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
ある日ポピーと彼女のライバル(?)である鬼魔(キーマ)のユエホワの前に、とつぜん白い光とともに一人のお姫さまが現れた。その人の名は、サルシャ姫──泡粒界という世界の王女だったのだ。サルシャ姫のいた世界は今、侵略者に乗っ取られ、大地も海も人々も瀕死の状態にあった。もしこのまま泡粒界がなくなったら、とんでもないことになる──ポピーは、泡粒界を救うべく立ち上がる決意をした。

recommend

recommend

カエルとだるまさんがころんだ
カエルとだるまさんがころんだ (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
「私」はその朝巨大なカエルに遭遇し、路上は命を賭した「だるまさんがころんだ」の戦場と化した──表題作ほか「さくらマーケット」「センチメンタル付属物」収録。女性主人公の、少しだけ不思議な日常世界を描いた短編集。

recommend

喰らえ、取り敢えず
喰らえ、取り敢えず (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
生態観察のため連れ去られた地球人たちに与えられた「食べ物」は、機能性重視の味気ないものだった。彼らは立ち上がった。「まっとうな」食物を求めて――やがてその欲求は、惑星の運命を文字通り、大きく揺さぶった――

recommend

Dying for Diet
Dying for Diet (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM