魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女 56

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 22:29

JUGEMテーマ:小説/詩

 

 ディナーのとき、祖母は「でも、まさか本当に四日以内に呪いが解けるとは思ってなかったわ。ほほほほ」と、楽しそうに笑っていった。

「えっ」私はミートパイをほおばるところを止めた。「じゃあ、何日で解けると思ってたの?」

「うーん。それはまったくわからない」祖母は首をふった。「そうとしか思っていなかったわ」

「あの」ケイマンがおずおずとたずねた。「もし、ほんとうに四日で解けなかったら、ぼくたちはほんとうにずっとここに住むことになってたんでしょうか?」アポピス類のほかの二人と、ムートゥー類一人をぐるりと見わたしてきく。

 みんなも、目をまるくしていた。

「まあ、おほほほ」祖母はさらに楽しそうに笑った。「それも楽しいかも知れないけれど、でも長引くとやっぱりいろいろ問題がおきそうだから、あるていど頃合いをみて私が解くことも、考えてはいたわ」

「……」私は口をとがらせて祖母を見た。「ほんとうは、あたしが解けるようになるなんて無理だって思ってたの?」

「うーん」祖母は目をとじた。「ふつうに考えれば、無理だと思うでしょうね。でもぜったいにこうだ、なんてことだれにもいえないわ」

「……」私は、なにもいえずにいた。

「なんといってもポピー」祖母は私を見てにっこりと笑った。「あなたは私の孫で、フリージアの娘なんだもの。ふつうではないことが起きる可能性は、ほかのだれよりはるかに高いと思うわ」

 だれも、なにもいえずにいた。

「うふふふ」ただひとり、ハピアンフェルだけが楽しそうに笑った。

「さて、それで皆に、いっておかなければならないことがあるわ」祖母はふいにまじめな顔になった。

「はい」

「なんでございますでしょう」

 私たちはあらためて祖母の方に顔を向けた。

「じつはここ最近、夜にもアポピス類がこの森へやって来ることが増えているの」

「えっ」私をふくめ皆、身をすくませた。「どうして?」

「月明かりが強いからでしょうね」祖母は窓の方へ目を向けた。「昨夜はクロルリンクムーンだったけれど、それをはさんでの数日は月がいちばん明るくなるわ。彼らは妖精に、月の光を操らせ姿を消した状態で、この森へ――そしてこの家へ、攻め込んで来ようとしているのよ」

「月の光を?」皆は声をそろえておどろいた。

「月の光をあやつるのは、日の光よりもずっとむずかしいわ」ハピアンフェルが、仲間のことを思っているのだろう、つらそうな声で説明する。「暗闇にまぎれてくるほうがまだたやすくできるのに、あえて月の光に照らされた場所で、姿を見えなくする……それはたぶん人間が、昼間よりも夜の方に不安と恐怖を感じやすいからだと思うわ」

「そこまでして、やつらは何をねらっているんだろう?」ケイマンが、自分と同類の鬼魔を“やつら”と呼んで、そういった。

「まだ俺のことねらってんのかな」ユエホワが眉をしかめる。

「それもあるだろうし、もしかしたら意地になっているのかも知れないわね」祖母が肩をすくめる。

「意地に?」皆が声をそろえてきく。

「ええ」祖母はくすくす笑う。「何度来ても、森の木からいやな音やにおいや強い風をふきつけられて入り込めないから、なんとしてでも入り込んでやると思っているのかも知れないわ」

「ああ」私はうなずいた。「ツィッカマハドゥルで?」

「ええ、そうよ」祖母は誇らしげにうなずく。「でも、きりがないからもう止めることにしたの。木々にも負担をかけてしまうし」

「えっ」私とユエホワが同時に目をまるくした。

「ん?」

「なんのことでございますでしょうか?」

「ツィッカマハドゥルって魔法なのか」アポピス類たちは首をかしげる。

「そう」祖母は、ルーロの質問に答えてうなずいた。「ツィッカマハドゥルは、ツィックルから植物に対して命令を出させる魔法――今までは、アポピス類がこの森へ侵入できないように対処させていたけれど、ここらでひとつ、来ても望み通りにはならないぞということを、しっかりと教えてあげましょう」祖母が目を光らせる。

 皆、だまりこんだ。

「おばあちゃんが」私もどきどきしていた。「闘うの? アポピス類と」

「森の中まではね」祖母は少しだけ首をかしげた。「この森は私の大切な住まいだから――けれどいつまでも、皆をこの中にかくまっていてあげることはできないわ。森の外に出たならば、そのときは皆で闘うことになるのよ」その瞳は、しずかに燃えているように見えた。

 私たちはその言葉を心の中に深くのみこんだ。

 私はポケットの中に入れたままの小瓶をぎゅっとにぎりしめながら、

 ――発動するかも知れないし、発動以外でなにかびっくりするような効果が生まれるかも知れない。

 ヨンベのおじさんの言葉が、頭の中でくるくると回るのを追っていた。

 

葵 むらさきの著書

 

にほんブログ村 小説ブログへ 

 

評価:
(2019-05-07)
コメント:ポピーは魔法学校に通う少女。その世界では、キャビッチという野菜を使って魔術を行う。ある日ポピーと親友ヨンベは、ちょっとした悪戯を思いついたが、そのせいでヨンベが恐るべき鬼魔(キーマ)にさらわれてしまった! 悲しんでいる暇はない、自分が助けに行かなくちゃ! かっこいい神様たち、そしてずる賢い鬼魔ユエホワと共に、ポピーの冒険が始まった――

スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 22:29
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    まぐまぐ!『葵マガジン』登録・解除

    メルマガ購読・解除
     

    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    人気ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫
    魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫 (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    ある日ポピーと彼女のライバル(?)である鬼魔(キーマ)のユエホワの前に、とつぜん白い光とともに一人のお姫さまが現れた。その人の名は、サルシャ姫──泡粒界という世界の王女だったのだ。サルシャ姫のいた世界は今、侵略者に乗っ取られ、大地も海も人々も瀕死の状態にあった。もしこのまま泡粒界がなくなったら、とんでもないことになる──ポピーは、泡粒界を救うべく立ち上がる決意をした。

    recommend

    recommend

    カエルとだるまさんがころんだ
    カエルとだるまさんがころんだ (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    「私」はその朝巨大なカエルに遭遇し、路上は命を賭した「だるまさんがころんだ」の戦場と化した──表題作ほか「さくらマーケット」「センチメンタル付属物」収録。女性主人公の、少しだけ不思議な日常世界を描いた短編集。

    recommend

    recommend

    喰らえ、取り敢えず
    喰らえ、取り敢えず (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    生態観察のため連れ去られた地球人たちに与えられた「食べ物」は、機能性重視の味気ないものだった。彼らは立ち上がった。「まっとうな」食物を求めて――やがてその欲求は、惑星の運命を文字通り、大きく揺さぶった――

    recommend

    Dying for Diet
    Dying for Diet (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM