女性ボーカル版フェイバリットアニソンBEST10俺

  • 2020.06.25 Thursday
  • 23:22

JUGEMテーマ:アニソン

 はい、というわけでですね。←という入り、ホンマ自分がやるとゲス感満載すぎて毛。あっ違った草。

 アニソンって、いいよね。奥行きがあるというのか。当然のことながらアニメ作品自体のテーマ、ストーリー、キャラクターというのがその扉の向こう側の空間に敷き詰められているからさ、聴く人それぞれに、思い入れが違うだよね。

 そんなわけで以前は総合好き曲10作ならべ奉りましたが、今回は「女性ヴォーカル限定」としまして、私葵むらさきがこれまで胸をギューンとさせられたエエ曲たちをならべたてまつりました。

 ランキングというものは霊によってというか例によって設けておりませぬ。

 若干2曲入れちゃってるアーティストさんいますすいません1曲に絞れなかったす。

 では以下、時系列不在でどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葵 むらさきの著書

 

にほんブログ村 小説ブログへ 

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.04 Saturday
  • 23:22
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    まぐまぐ!『葵マガジン』登録・解除

    メルマガ購読・解除
     

    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    人気ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫
    魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫 (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    ある日ポピーと彼女のライバル(?)である鬼魔(キーマ)のユエホワの前に、とつぜん白い光とともに一人のお姫さまが現れた。その人の名は、サルシャ姫──泡粒界という世界の王女だったのだ。サルシャ姫のいた世界は今、侵略者に乗っ取られ、大地も海も人々も瀕死の状態にあった。もしこのまま泡粒界がなくなったら、とんでもないことになる──ポピーは、泡粒界を救うべく立ち上がる決意をした。

    recommend

    recommend

    カエルとだるまさんがころんだ
    カエルとだるまさんがころんだ (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    「私」はその朝巨大なカエルに遭遇し、路上は命を賭した「だるまさんがころんだ」の戦場と化した──表題作ほか「さくらマーケット」「センチメンタル付属物」収録。女性主人公の、少しだけ不思議な日常世界を描いた短編集。

    recommend

    喰らえ、取り敢えず
    喰らえ、取り敢えず (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    生態観察のため連れ去られた地球人たちに与えられた「食べ物」は、機能性重視の味気ないものだった。彼らは立ち上がった。「まっとうな」食物を求めて――やがてその欲求は、惑星の運命を文字通り、大きく揺さぶった――

    recommend

    Dying for Diet
    Dying for Diet (JUGEMレビュー »)
    葵むらさき
    麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM