プロフィール
葵むらさき
2002年よりWEBインディーズ作家活動開始。
Hon'sペンギン、日本文学館、パブー、メディア4にて出版及び商用携帯小説執筆経歴あり。
毎週火曜日にWEB連載、土曜日にメールマガジン連載中。
性格:短絡的で攻撃的、普段はばかのようにぽけーとしている。
「楽しい・美味しい・面白い」を主軸に生存中。楽に生きたい。

≪過去作品置場≫Amazon Kindle
https://www.amazon.co.jp/l/B004LV0ABI?_encoding=UTF8&redirectedFromKindleDbs=true&rfkd=1&shoppingPortalEnabled=true

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

まぐまぐ!『葵マガジン』登録・解除

メルマガ購読・解除
 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

categories

archives

recommend

魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫
魔法野菜キャビッチ2 キャビッチと聖なる雫 (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
ある日ポピーと彼女のライバル(?)である鬼魔(キーマ)のユエホワの前に、とつぜん白い光とともに一人のお姫さまが現れた。その人の名は、サルシャ姫──泡粒界という世界の王女だったのだ。サルシャ姫のいた世界は今、侵略者に乗っ取られ、大地も海も人々も瀕死の状態にあった。もしこのまま泡粒界がなくなったら、とんでもないことになる──ポピーは、泡粒界を救うべく立ち上がる決意をした。

recommend

recommend

カエルとだるまさんがころんだ
カエルとだるまさんがころんだ (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
「私」はその朝巨大なカエルに遭遇し、路上は命を賭した「だるまさんがころんだ」の戦場と化した──表題作ほか「さくらマーケット」「センチメンタル付属物」収録。女性主人公の、少しだけ不思議な日常世界を描いた短編集。

recommend

recommend

喰らえ、取り敢えず
喰らえ、取り敢えず (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
生態観察のため連れ去られた地球人たちに与えられた「食べ物」は、機能性重視の味気ないものだった。彼らは立ち上がった。「まっとうな」食物を求めて――やがてその欲求は、惑星の運命を文字通り、大きく揺さぶった――

recommend

Dying for Diet
Dying for Diet (JUGEMレビュー »)
葵むらさき
麻由はそのイベントに参加することを決めた。ダイエット・バトル。絶対に優勝して、皆を見返してやる――そんな彼女の前に、謎の女が姿を現すようになった。恐ろしい顔――だがそれは、確かにどこかで見たことのある顔だった。表題作ほか「過食症」「レイア」収録。摂食障害をテーマにした三部作。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM